So-net無料ブログ作成
2019年05月13日| 2019年05月20日 |- ブログトップ

たぶん彼女は豆を挽く(新装版) [book]

tabuncover.jpg
 
たぶん彼女は豆を挽く(新装版)
庄野雄治・著
 
2019年7月7日発売
A6・196頁 定価 本体600円+税 
ISBN978-4-902744-96-5 
 
イラストレーション 佐々木美穂
解説 岩間洋介(moi)
 
コーヒー豆を挽く、コーヒーをいれる、どきどきしながら味をみる。
わが家に香ばしいコーヒーの香りが漂うようになった。
ー堀井和子(フードスタイリスト) 
 
2010年に発表した名著に50編の書き下ろしエッセイを加え、コンパクト新装版で待望の復刊!「コーヒーって興味はあるけど難しそう」と思っている皆様に、全国に数多くのファンを持つ徳島のコーヒー焙煎所・アアルトコーヒーの庄野雄治が簡単に、楽しくコーヒーの魅力を伝えます。堀井和子との美味しく誰でもできる超簡単なハンドドリップ講座、長谷川ちえとのお店を続けていくための対談も掲載。ささやかだけれど、とっても役に立つ、コーヒーがもっとずっと楽しくなる本です。
 
庄野雄治(しょうの・ゆうじ)
コーヒー焙煎人。1969年徳島県生まれ。大学卒業後、旅行会社に勤務。2004年に焙煎機を購入しコーヒーの焙煎を始める。2006年徳島市内にアアルトコーヒーを、2016年同じく徳島市内に14gを開店。主な著書に『誰もいない場所を探している』『徳島のほんと』(福岡晃子との共著)『コーヒーの絵本』(平澤まりことの共著)『たとえ、ずっと、平行だとしても』、編書に『コーヒーと小説』『コーヒーと随筆』がある。
 

nice!(0) 
2019年05月13日| 2019年05月20日 |- ブログトップ