So-net無料ブログ作成

鎌倉のカフェで君を笑顔にするのが僕の仕事   [book]

ミルブックス10周年の第1弾は、今年4月26日に20周年を迎えるカフェ・ヴィヴモン・ディモンシュのマスター堀内隆志さんが、お店を始める前から現在に至る25年を綴ったエッセイ集です。これまでで最長タイトル(20文字)なのですが、読んだ後に納得いただけるタイトルだと思います。

kamakurano.jpg

鎌倉のカフェで君を笑顔にするのが僕の仕事
堀内隆志

2014年4月20日発売
B6/144P
定価 本体 1,000円+税
ISBN978-4-902744-70-5 C0095  
カバーイラストレーション 福田利之

鎌倉の人気店「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」のマスター堀内隆志が、1994年のオープンから現在に至る20年を初めて綴りました。長きに渡りお客さんを惹き付ける理由がここに。

僕がカフェを始める前の学生時代から、現在に至る約25年間のことを綴りました。鎌倉という場所で20年間お店を続けることができた理由を自分なりに考えて、失敗も含めて包み隠さずに書きましたが、お店を始めたい方が読んで、すぐ役に立つ内容は少ないかもしれません。しかし、自分で何かを表現したいけれどその方法が見つけられずにいる人がいるとしたら、それを見つける小さなヒントになるかもしれないという思いで著しました。(「はじめに」より)

■堀内 隆志(ほりうち たかし)
1967年生まれ。鎌倉のcafé vivement dimanche(カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ)のマスター。カフェ業のかたわらブラジル音楽のCDのプロデュースや選曲、ラジオ番組のパーソナリティ、執筆などジャンルを越えて活動。最新CDは畠山美由紀と小池龍平を迎えた『Coffee&Music Drip for Smile』(Rambling Records)。著書に『珈琲と雑貨と音楽と』(NHK出版)、『コーヒーを楽しむ。』(主婦と生活社)、『はじめてのコーヒー』(小社/庄野雄治との共著)がある。趣味はコーヒーミル収集とプロレス観戦。控えめな目立ちたがり屋。好きな言葉は「まぁ何とかなるでしょう」。

1.jpg
2.jpg
nice!(1) 

nice! 1