So-net無料ブログ作成

おばあちゃんのエプロン [book]

秋の新刊第2弾のお知らせです。
展示会もありますので、ぜひご来場ください。

■おばあちゃんのエプロン  
石澤敬子・文  和田直美・写真/文
定価 1,050円(税込)  2006年10月上旬発売  
ISBN4-902744-17-1 C0072

家内製手工業人、moss*(石澤敬子)と写真家、和田直美がポーランドとハンガリーを旅しました。市場や街中、小さな田舎町で出逢ったおばあちゃんと、とっておきのエプロン。色鮮やかなエプロンをして、力強く働くおばあちゃんたちの日常を描いたフォトエッセイ集。

*フォトエッセイ集「おばあちゃんのエプロン」(mille books)出版記念
『おばあちゃんのエプロン展』
エプロン制作:moss*(石澤敬子)  
写真:和田直美
日時|2006.9.28 (木) - 10.3 (火)
会場|バーデンバーデン 
〒152-0001 東京都目黒区中央町2-31-7  
営業時間 12:00〜20:00 T/F 03-5722-3779  
http://www.badenbaden.jp

出版を記念して作品展を開催します。moss*(石澤敬子)はエプロンやワンピースなど、写真家、和田直美はおばあちゃんや日常を切り取った写真を展示・販売します。さらに旅先で買い付けた雑貨の販売もございます。


「おばあちゃんのエプロン」は、以前からお知り合いだった石澤敬子さんからご提案いただき形になった作品です。写真家の和田直美さんが以前撮影された中欧の働くおばあちゃんたちの写真を見せていただきました。石澤さんと和田さんが再び中欧を旅するので、そこで撮影したものを写真集にしたいというお話をいただきました。
お二人の旅の話を聞いていたら、とても面白いので、写真だけではもったいないと思い、写真だけでなくエッセイも加えたフォトエッセイ集にしましょうという提案をさせていただきました。提案を快諾いただき、すぐに制作準備に入りました。
この本、ご提案をいただいてから完成まで2か月半(印刷期間も含め)というタイトなスケジュール。というのも、「おばあちゃんのエプロン」というテーマでの展示会が先に決まっていて、その開催日には絶対に完成していないといけないという状況でした。そのおかげで、旅で出会ったおばあちゃんとの熱い想いが冷めないまま本に凝縮できることができました。
この本を読んでいただければ、きっと多くの方の想い出の中にある、故郷のおばあちゃんを思い出すはずです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0